リンパの流れをよくするためには、リンパマッサージが有効なのですが、このリンパマッサージは主にリンパ節で行います。このリンパ節ですが全身に800カ所ほどありますが、その中でも代表的なリンパ節を紹介します。

まずは頸部リンパ節です。これは首のつけ根や顎の辺りにあるリンパ節で、数にすると300以上が集中しているのです。つまり、リンパ節の中でもこの頸部リンパ節は重要であると言えます。このリンパ節が滞ることで肩凝りや頭痛、自律神経の乱れなどが生じてくるのです。次に重要なリンパ節としては、鎖骨リンパ節があります。実は全てのリンパの最終出口となっているのです。ここが詰まると、リンパの流れが悪くなり、全身にリンパが滞るようになってしまいます。

他にも脇の下の腋下リンパ節や、腹部リンパ節、脚のつけ根である鼠径リンパ節があります。腋下リンパ節は二の腕の弛みや肩凝り、腹部リンパは子宮や便秘、生理不順など、そして鼠径リンパ節は下半身のむくみや生理痛などに影響が出るのです。リンパの流れが滞る原因としては、運動不足やストレス、そして女性に多い冷え性などが挙げられます。こういった滞りを解消するために、リンパマッサージを行うのです。